« 書かれた | トップページ | 「障害児」とつきあう感性 (1984年) »

児童精神科の日

先日は、息子の児童精神科受診日でした。
前回がちょうど一年前でしたので、去年のことを色々話しました。

息子の話から離れて、息子の友達でアスペ傾向のあるコたちやらの話をしていて、発達障害のある人に多い傾向で
「自分はとっても傷つき安いけど、他人の痛みに対して気づきにくい」というのがあるとおっしゃいました。
うちの子たちもそうなので、とっても納得しました。
発達障害のある人に対する対応で社会に対して、こちらが望むのは、何をしても責めないことや特別に何かしたりすることではなくて、理解できる言い方で説明したり、はっきりと言葉や態度で気持ちを示すことなんですけど、それがなかなか理解してもらえないんですともおっしゃっていました。

たとえば、うちの子の場合だと
「この御菓子たべてもいい?」と聞いてきたとき
「うん」というと「うんじゃわからない!」って泣き出したりします。そこで「なんでわからないの??」とか責めないで
「うん、たべてもいいよ」とはっきり言ってやるといいのですが、先生がおっしゃるのも、そういうちょっとしたことなんだとおもいます。
とくに、空気を読むとか、先を見越して気持ちと違うことを言ったりする日本の社会は、このコたちには難しいんだそうです。
日本の会社で、なんど就職しても上手くいかなかった人が、東南アジア系の会社に就職するとぴったりはまったという話もうかがいました。

あと、最近は、障害の範疇には入らないけども、社会性の弱い
いわゆる「不思議ちゃん」が増えていて、その原因は、目に留まりやすくなったのか、絶対数が増えているのか、色々研究されているけど、分からないそうです。

ネットをしていると、そういう人とよく出会います。
そういう傾向のある人にとって、ネットは手足のような便利なツールでもあるけれども、それによって特性が助長、増幅されてしまうのかもしれないとおっしゃっていました

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

|

« 書かれた | トップページ | 「障害児」とつきあう感性 (1984年) »

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1029820/20654562

この記事へのトラックバック一覧です: 児童精神科の日:

« 書かれた | トップページ | 「障害児」とつきあう感性 (1984年) »