« キム先生のおはなし | トップページ | もっと知る努力を »

アンテナ何本立ってる?

いつも、どこにでもいるんだけど、育児論の好きな人って、なんか苦手だ。

リンクの旅にでていて、どこだったかで、自分は高校で家政科を自分で選んで進学し、主婦として学ぶべきこと、料理から児童心理、緊急時の救命法まで学び、それを活かして育児に取り組んだそうだ。
「育児に大切なのは、感情に任せて怒らないこと、子供を信じること…」などなど、どこで読んだか思い出せないので、忘れたけど、さして目新しいことはなかったけど、だので、自分ちの子は、すごくいい子なんだと。

ふーん…

よかったね。あなたも偉い。そりゃ、りっぱなお母さんなんだろう。
でも、なんだか、ひねくれてしまう。
子供がいい子に育つのは、母親の育て方ばかりではない。
環境も影響するし、親子の相性もある。なにより、まず、子ども自身が健康であることだ。それも、母親の力だといいたいかもしれない。
感情的になること、怒りに任せて叱っても良い事はないことは、誰でも知っているが、それが出来ない場合もあるんだ。
その人の子供は、母親の気持ち、愛情を素直に受け止められるアンテナの感度がいいんだと思う。
でも、うちの子たちのように、常にアンテナが一本立ってるかたってないかの状態で、あるいは、「電源をお切りになってるか、電波の届かないところにおいでのよう」な状態が続くと、「ああそうか、しょうがないなーあとでかけなおしましょう」とは思えず、

「あんた、目の前にいるだろうがっ!!!」

しっかり、受信せんかい!この母の愛を!!と、ごちんと一発なぐりたくなる、殴ったことのある母親はきっと沢山いるだろう…多分、おそらく、   …私だけ?

それにうちのこたちといえば、受信状態は劣悪なくせに、発信だけは無遠慮で、マナーモードなどというものは機能になく、自分発の発信は、どこだろうが、誰に対してだろうが、お構いなしなんだから始末がワルい。
冗談抜きに、虐待をうける子供の多くに、発達上の問題を抱えている場合は多い。

「自分の育て方がいいので、うちのこは良い子」という人って、そういう理由で、上手くいかないケースがあることや、夫はじめまわりの協力や、家族の健康や、社会の制度の恩恵にあずかってることを、忘れているひとが多い気がする。
ま、要は、

「お説ごもとも。どうせ私は駄目親ですよーん」

ということなんだけどね。

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ にほんブログ村 子育てブログへ

|

« キム先生のおはなし | トップページ | もっと知る努力を »

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1029820/20541444

この記事へのトラックバック一覧です: アンテナ何本立ってる?:

« キム先生のおはなし | トップページ | もっと知る努力を »