« 小児医療クラスタオフ会@恵比寿 | トップページ | 「辞められる」ということ »

進撃のお産

T_3


進撃のお産のテーマ


女性に備わる力も知らずに、腑に落ちぬ処置を医者は繰り返す
いきみを逃せば会陰は避けない、股を守るのは、産婆の奥儀だ

死線踏み越えて、自然なお産を嗤う豚よ
生命の輝き、愛着形成、分娩姿勢の自由を!

抑臥位の屈辱に愚行権の行使だ
清潔は遥か彼方、自然にひり出す、家で!
迸る羊水をその身に浴びながら、胎盤に火は入れぬ、産後の夕餉

Photo_5

↑ミカサ、それエインちゃう、エレンや。

冗談はおいといて

お産では、軽く死線を彷徨った立場の自分には、敢えてリスクの高い出産に挑戦することをお勧めすることはできません。
ただ、自宅や助産院での出産のリスクや感染や、そういうところをついても、自然出産に拘る人を説得することは不可能だし、かえって、逆効果な場合もあるでしょう。
彼女たちにとって大切な「物語」の登場人物になり、彼女たちの行動を正当化させてしまうこともあるのではないかと。


元ネタはこちら「進撃の巨人」OP紅蓮の弓矢


|

« 小児医療クラスタオフ会@恵比寿 | トップページ | 「辞められる」ということ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1029820/51477247

この記事へのトラックバック一覧です: 進撃のお産:

« 小児医療クラスタオフ会@恵比寿 | トップページ | 「辞められる」ということ »